この講座の特徴

「裏数」による解説

1から81までの数理の勉強では、裏数と言われる観点を用いて、それぞれの数の意味を解説していきます。 例えば16という数は一の位が6なので、6の意味が出てくるということと別に、1+6で7の意味合いも含まれてくるのです。

 

こういった理解の仕方を心がけていくことで数の意味はイメージしやすくなり、応用的な判断もできるようになっていきます。市販で売られている本に書かれた数の意味をただ覚えようとしても大変ですし、たとえ覚えたとしても実際の鑑定では話が広がらないということが多いのです。

実際の鑑定に役立つ内容

姓名判断は五格の吉凶だけで判断できるほど単純ではありません

 

五行の組み合わせの見方、運の急変をもたらす複合殺、人格だけで判断しない性格判断の見方のコツ実際の鑑定例から学ぶ鑑定上のポイントなど、実占に役立つ内容となっており、他の通信講座とは一線を画すと自負しております。

理解を深める3回の添削問題

添削問題が3回分ついており、そのやり取りをしながら理解を深められるような構成になっております。

<特典1>吉凶一覧表をプレゼント

3回の添削問題を全て提出されました方には、一目で分かる吉凶一覧表をプレゼントしております。鑑定をする時にもお客様に見せながらお話ができますので大変便利です。

<特典2>無料メルマガご招待(好評!)

勉強したものを本当に自分のものにしていくには実際にいろんな人を分析してみるのが近道です。アフターフォローとして講座の卒業生を対象に、毎月一回、時事ネタから話題になった人を取り上げて、復習のきっかけになるような実例分析のメルマガを送信しております。

新教材できました!

過去10年以上、発行してきたメルマガから抜粋、再編集した実例集を作成いたしました。講座の卒業生にお送りしています。

※講座の受講を迷われている方にも有料販売します。気になる方はぜひお問い合わせください!

※こちらの実例集で取り上げた方(敬称略)

テーマ1 吉名の落とし穴

  植松 聖 (2016年8月号より)

  川島 なお美 (2015年10月号より

  香川 照之 (2022年10月号より)

  佐々木 希 (2022年12月号より)

  松原 千明 (2022年12月号より)

テーマ2 凶名と開運

  栗山 英樹 (2023年4月号より)

  鈴木 純一 (2022年2月号より)

  喜多嶋 舞 (2014年1月号より)

テーマ3 複合殺による運勢の急変

  宮迫 博之 (2019年7月号より)

  斉藤 由貴 (2017年10月号より)

  渡部 建 (2020年7月号より)

  神谷 宗幣 (2022年8月号より)

テーマ4 改名・相性・エトセトラ・・・

  瀬戸内 寂聴(晴美) (2021年12月号より)

  有吉 弘行・夏目 三久 (2021年5月号より)

  ベッキー (2016年2月号より)

  令和(元号を占う) (2019年4月号より)

※最近のメルマガで取り上げた方々(敬称略)


2024年5月号:宝島龍太郎・幸子(総格46、陰陽偏りと妻の影響)

2024年4月号:水原一平(恵まれた五行、外格9と総格20) 大谷翔平(人格19、奥さんとの相性)

2024年3月号:芦原妃名子(全て吉数、木剋土の目立つ姓名、総格47)

2024年2月号:松本人志(地格9系統の恋愛傾向、総格22) 浜田雅功(コンビの比較、7系統)

2024年1月号:斉藤猛(出世運のある五行、人格33、地格12) 斉藤猛(同姓同名)

2023年12月号:中川翔子(本名と芸名の関係、他) 他1名

2023年11月号:谷村新司(総格32と人格20)

2023年10月号:福澤克雄(外格26と崩殺、総格50)

2023年9月号:森林貴彦(頭領運21と人格20)

2023年8月号:藤沢五月(地格9と人格22) 兼重宏行(16の横同格)

2023年7月号:広末涼子&鳥羽周作(典型的な良い相性、地格5系統の恋愛傾向)